EXHIBITION

Mio Matsumoto Exhibition Aphrodite ~spring mischief~

2.6wed.~26tue.2013

国内外で活躍するイラストレーター、松本美緒の個展を開催します。
今回は愛と美と性を司るギリシア神話の女神をテーマに制作。
展示タイトルの「アフロダイ」は、彼女が最初に上陸したと
言われるキプロス島で使われている発音です。

「アフロダイ」は、別名ヴィーナスとも言われます。
元来、古代オリエントや小アジアの豊穣の植物神・植物を司る
精霊・地母神であったと考えられ、生殖と豊穣、
すなわち春の女神でもあったとされます。
また、自ら恋愛をする傍ら人々の情欲をかき立てて、
恋愛をさせる事に精を出し、愛の女神の性格が強い神でもあります。

今回の作品は全て書き下ろしとなり、愛、美、性、豊穣、植物、春といった
「アフロダイ」にリンクしたキーワードが隠されています。

恋をしている女性は同性から見ても美しい。
そんな女性達に向けたオマージュ的作品達です。

今回、個展を記念しNŌMA t.d.とのスペシャル・コラボレーションで、
エディションナンバー付きのシルクスカーフも同時展示販売。
人気のMy First ARTシリーズも待望の新作が登場します。

オープニングレセプション
2月9日(土)18:00-20:00
どなたでもご参加いただけます。

松本美緒 Mio Matsumoto

1976年、兵庫県出身。神戸で育ち、二十歳で渡英。
キングストン大学イラスト科を主席で卒業後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート大学院
(RCA)でコミュニケーション・アート&デザイン科修士課程を2003年修了。
在学中に、日常の観察をベースとした、さらりと描くドローイングスタイルを確立させる。
女性らしい視点と、スタイリッシュかつシンプルな表現を得意とする。
ロンドンを拠点に雑誌、書籍、広告、ファッション等の分野でイラストレーターとして
活動を始め、現在は東京を拠点に国内外で活動中。
日本での主な活動としては、ELLE Japon, GINGER, NUMERO Tokyo, Papyrus, Vogue Japan
などの編集の仕事をはじめ、NISSAN wingroadの広告、総菜チェーンRF1のキャンペー
ンイラスト等を手がける。
海外ではmarc by marc Jacobs, Jigsaw, Pabloといったファションハウスとの仕事やMiller
Harris, Rioblush, SpaceNKなどコスメブランドのパッケージデザインも手がける。
英国紙サンデイテレグラフのSTELLA magazineでは週刊ファッションコラムのイラストを
6年に渡り担当。
2008年には初の著書「my diary」が英国Jonathan Cape社より出版される。

www.miomatsumoto.com