EXHIBITION

大槻香奈 個展「みんなからのなか+」

2013年7月17日(水)−8月6日(火)DMOARTS

昨年から今に至るまで、
東日本大震災以降に見出された「希望」から、
それを叶えるための「覚悟」について考えていた。
より良い変化が求められる時代の中で、
私は「自らの意志を持って生まれ変わる」事の
イメージ化を試みていた。
そこで「蛹」というひとつの概念を見出した。

地を這う「青虫」と空を舞う「蝶」、その全く異なる
性質の間には「蛹」という期間が存在する。
蛹というのはいわば蝶を生むための卵で、本来ならば
蝶が蛹の状態で産むことが望ましいのだが、蝶には
その体力がない。
そのため、一度小さな卵で産んでから青虫として
孵ってもらい、青虫自身に栄養を摂らせて自らまた
卵の状態になってもらう事をするのだと考えた。

日本が生まれ変わるイメージと、思春期の少女が
自らの意思で大人になっていくイメージを
「蛹」の性質と重ね合わせ、
決してそれらを自然現象として捉えず、
人の意思によるものとして作品制作を行った。

社会的、または個人的な事であっても、
蝶を夢見ながら蛹を生きる私達の為の作品になればと思います。

大槻香奈

イラストレーター / 画家である大槻香奈は、混沌とした時代を
逞しく生きる生命としての「少女」を描き続け、秘めたる女性性
や母性を少女のモチーフに込めています。
今回の個展は、昨年(2012年)にneutron tokyoで開催された
「みんなからのなか」の巡回展として、新作を交えて行われます。
SNSを通じて発信されるメッセージや作品が幅広い世代からの
共感を呼ぶ大槻香奈、久々の大阪での展覧会にご期待下さい。

オープニング・レセプション
7月20日(土) 18:00-20:00 DMOARTS
どなたでもご自由に参加いただけます。

フライヤー作品「かみつばめ+」2013年
910×910mm キャンバスにアクリル、スプレー

「はな」2013年
455×333mm ケント紙にアクリル