EXHIBITION

上田よう個展「脳内アニメーション」

ueda1

.

2014.12.24 wed.-2015.1.6 tue.DMOARTS
.
この度、DMOARTSでは上田よう個展「脳内アニメーション」を開催いたします。
熊本県出身、京都にてイラストレーションやデザインを中心に活動する上田よう。自身のアートワークとして、シュールな世界観を表現したエッジの効いた作品を制作し続けています。
DMOARTSにて初めての個展である本展では、作家が日常生活の中で垣間見るものがアニメーションに見えるという観点から、反復性にフォーカスを当てた新作を一堂に展覧いたしております。
この機会にぜひご高覧ください。
.

ueda2
.
昔から連続合成写真が好きで、特に体操競技の連続合成写真を見ると、なんだかワクワクしてしまいます。連続合成写真は、動きを一コマ一コマ追いながら見る一方で、同じ人がいっぱい連なっているようにも見え、その両方のビジョンが同時に感じることができるため、なんだか不思議な印象を受けるのかもしれません。また、動画とは違い、アニメーションを一枚に凝縮しているため、動きそのものを一瞬で感じることができます。今回の展示は、そんな、動きを脳内で自由に感じれるような作品を模索している中で、実験的に制作した作品展です。絵だけではなく、実際に動く時計も作ってみました。見た人が、何かインスピレーションを受け、何か別の事に少しだけ役立つような展示になれば嬉しいです。

上田よう
.

プロフィール:
1979年生まれ。熊本県出身。
小さい頃から、絵やデザインを考える事をライフワークとしており、
現在も同じようなスタンスで制作活動を続けています。
また、「にほんあし」として、モビール等のペーパークラフトやTシャツを制作し、販売しています。
雑誌『illustration』ザ・チョイス第149回 準入選、第152回 入選。
http://nihonashi.com