EXHIBITION

大槻香奈 個展「空の殻」(からのから)

OTSUKI15_flyer_h1
.
8/5 wed.-8/25 tue. ※最終日のみ18時閉廊

.
オープニングレセプション:8/8  sat.18:00-
どなた様もご参加いただけます。
.

空の殻

「空の殻(からのから)」2015年 1000×1000mm キャンバス・アクリル
.
この度、DMOARTSでは大槻香奈個展「空の殻」を開催いたします。
大槻香奈は京都を拠点に、全国各地で展覧会を開催する美術作家。
一貫して「蛹」をテーマに制作を続け、代表的シリーズである少女のポートレート像、
抽象的な美術表現、イラストレーションなど、表現の幅を広げて精力的に活動してきました。
DMOARTSでの個展は3年連続、3度目となります。本展では、原画作品約50点の展示に加え、
高画質美術印刷であるジークレープリントで制作したMy First Artの新作、ポストカード
セットをはじめとしたグッズなどを展示・販売いたします。
.

秘の光
.
「秘の光」 2015年 227×158mm ケント紙・アクリル
.
影佇む
「影佇む」 2015年 227×158mm ケント紙・アクリル
.
「空の殻」(からのから)ステートメント
.
2007年より作家としての活動を続け、今年で8年目になる。
私の作品は全て「蛹(さなぎ)」という概念で説明する事が出来、
制作において最も重要なテーマとしてある。
蝶の蛹を、「幼虫の死」と「成虫の生」とが同居しているものだと考えてみる。
幼虫は蛹室の中で身をドロドロに溶かすので、どこから幼虫の死がはじまって、
どの段階から成虫(新たな生)として捉えられるものなのか、外側から
観察してみても分かる事ではない。
生と死が捉えどころの無いものとしてありながらも、ひとつの生命体として
ただそこに「存在」している…、
そう考えると現代を生きる人達の多くはとても「蛹的」な気がするのだ。
.
蛹というテーマが作品に色濃く出て来たのは震災以降だった。
震災後、日本が生まれ変わる希望のイメージとして、蛹のモチーフを作品に
意識的に取り込んだ。私たちはいま蛹の時代を生きていて、
いずれ蝶になるための準備期間なのだと…。
しかしいま、私が日本で感じている漠然とした空虚さは、例えるなら空っぽの
蛹の中にいるような感覚なのだ。希望の象徴だと思っていた蛹の中身が
空っぽだった事に、なんとなく気付いてしまったのである。
震災から4年経ってみえてきたのは、日本はきっと確固たる「アイデンティティ」
(蛹の中身)を、戦後ずっと探し求めているという事だった。
.
それは蛹に例えられる「思春期の少女」の姿にもよく似ている。
私自身も少女時代を過去に過ごしたが、空虚さの中で必死にもがいて生きている感覚は、
現代の日本に生きる感覚と近いように感じられた。
現代日本は蛹的であり、また少女的なのだ。
あらゆる可能性を秘めていると信じたいが、まだ何者でもない存在。
.
しかし、この空っぽの蛹(日本)の中でも、私たちは確かに存在している。
この空虚さは誰のせいでもなく、私たちそれぞれひとりの人間は、常にこの世界で
「どう生きるか」を問われ、答え続けていかなければならない。それが生の実感なのだ。
.
私にとって、この蛹の殻の中で作品をつくるという事は、現代や私たちの姿を映す「鏡」を
つくるような感覚なのだ。どこかで現代の日本の姿を捉えていること。
そこに確固たる何かを見つけて貰えたのなら、作者として幸いである。
それはきっと、いずれ蝶になりうる蛹の中身となるかもしれない。

大槻香奈

私を溶かして
「私を溶かして」2009年 266×380mm 紙・ペン・アクリル
.

大槻香奈 KanaOhtsuki プロフィール
.
1984年生まれ、京都在住の美術作家。
少女モチーフを通して、主にアクリル画で現代を表現している。
2007年より活動をスタート。国内外問わず様々な展覧会に参加し、
国内では年に約一度個展を行っている。
またイラストレーターとしても活躍の場を広げ、2014年には
「ILLUSTRATION 2014」にも掲載されている。