NEWS

DMOARTSはアートフェア東京2014に出展します。(ブースNo:R11)

2014年3月7日(金)ー9日(日)
東京国際フォーラム 展示ホール
DMOARTSブースNo.R11

DMOARTSは3度目の「アートフェア東京」に出展します。出展作家は昨年の「アートフェア東京」「ART TAIPEI」
に引き続き、チアキコハラと安瀬英雄の2名です。チアキコハラはクラウドファウンディングサイト「CAMPRIFE」
での支援活動を受けながら(2月28日まで)制作している全長2メートルの大型フィギュア「カクメイ☆ハグちゃん」
を公開します。また安瀬英雄は3月8日から神宮前の「Ultra Super New Gallery」で開催されるグループ展
「cognition/recognition」に大島成己、鈴木崇、加納俊輔らと共に参加します。DMOARTSのプレゼンテーション
をぜひご覧ください。

アートフェア東京  http://artfairtokyo.com/
クラウドファウンディングサイト「CAMPFIRE」(チアキコハラ)
http://camp-fire.jp/projects/view/889

チアキコハラ
1986年生まれ。2008年、ユニクロのTシャツコンペで「草間弥生賞」を受賞
したことからアーティスト活動をスタートしました。大阪の路上でライブペイン
ティングを繰り返しファンを増やしてきました。2011年に行われた初個展では
原画作品が完売。11月には韓国のアートフェア「DAEGU ART FAIR」に参加。
ソニーのアートコンペ「Canvas @ Sony」でグランプリを獲得、銀座ソニービル
に全長38メートルの巨大壁画を制作。2012年、2013年と2年連続で「アート
フェア東京」に出展し、注目を集めました。アニメやオタクなどの文脈では語れ
ない独特の作風は、「ジャパンクール」の「ネクストウエーブ」の可能性を示して
います。2013年「ART TAIPEI 2013」会場で4日間連続のライブペインティ
ングを実施。アジアのアートファンにその存在を強く印象づけました。
今回の「アートフェア東京」では、チアキコハラが「アートでカクメイを起こし
たい」と宣言。クラウドファウンディングサイトで支援者を募りながら制作した
全長2メートルの巨大フィギュア「カクメイ☆ハグちゃん」を発表します。

http://www.chiakikohara.com/
http://ameblo.jp/chiakikohara/


安瀬英雄
1975年生まれ。彼は紙で立体模型を製作し、自宅のスタジオでライティングし、
カメラで撮影して作品を完成させます。写真が彼の最終的な作品であり、制作
した模型は破棄されます。その手法はドイツの写真家、トーマス・ ディマンド
にも通じますが、安瀬英雄の作品にはジャーナリスティックな視点や社会問題
を喚起させるような仕掛けはありません。そこにあるのは空間表現を借りた色の
洪水です。彼がイメージした風景は模型によって立体化され、写真撮影される事
で平面に還ります。アクリルマウントされた写真作品は、作品に奥行きを加えて
います。一見、コンピュータ・グラフィックスとも見間違える完成度ですが、全
ての制作過程がアナログである事も彼の作品の魅力になっています。
アートフェア東京をはじめ、国内、国外のアートフェアで高い評価を受けている
安瀬英雄の写真世界をご覧ください。

http://hideoanze.com/